9cc4192e.jpg

天の光はすべて星

The Lights In The Sky Are Stars(1953)
フレドリック・ブラウン
田中融二・訳
ハヤカワ文庫SF 早川書房

あらすじ

1997年、人々は星々に対する情熱を失い、宇宙開発計画は長い中断の時期に入っていた。星にとり憑かれた57歳の元宇宙飛行士マックスは、そんな夢の無い世界で酒びたりの日々を過ごしていた。しかし、木星探査計画を公約に立候補した女性政治家の存在を知ったとき、彼の人生の歯車はもう一度宇宙へ向かって動きだす……。

感想

「火星人ゴーホーム」や「発狂した宇宙」で知られるSF作家フレドリック・ブラウンの小説。

「天の光はすべて星」

うん、まず邦題が素晴らしいですよね。とてもロマンチックな響き。
海外SFって海を渡ってくる間に素晴らしい邦題をゲットするものが多いみたいで、この本もその一つ。

加えて塩田雅紀氏の絵本のような柔らかなタッチだけどどこかリアリティもあるカバーイラストが、ロマンあふれる物語を期待させます。
このタイトルとカバーイラストで買ってしまったと言っても過言じゃないです。


さて、内容の方はどうかというと、これは意外に地味なお話かもしれません(笑)
元宇宙飛行士の中年男が再び宇宙を旅するワクワク冒険物語かと勝手に思っていたんですが、読み始めると全然違ってました。

事故で足を失くし、宇宙への夢を諦めた57歳のロケット技術者マックスが、木星行きロケットを飛ばす計画を公約に掲げた女性上院議員エレンと出会い、彼女の再選に一役買い、彼女は見返りとして木星ロケット建造の現場監督の座を約束する…というもの。
人生に生きがいを失くしていたマックスは、その日から木星ロケットにこっそり乗り込んで宇宙に旅立つ事を夢み、そのための準備(学位の取得や社会的地位の確立)を着々と進めていきます。
やがて、マックスとエレンは深く愛し合うようになり、エレンは木星探査計画の法案を議会に承認させようとあれこれ策を練ります。


つまりこれ、宇宙を描いた物語じゃなくて、宇宙に行きたい男が最後に花開かせた人生の物語なんです。
それを恋愛や政治という視点からも描いています。

主人公が人生のどん底から這い上がるサクセスストーリーでもありますね。
ただし、友達に恵まれすぎていたり、もともと一流のロケット技術者だったり、出来過ぎな部分は多少ありますが…。

基本的には特に障害らしい障害もなく本当に着々と進むので、中盤はちょっとつまらなかったですが(僕は50代の男女の恋愛に胸ときめかせるような年齢じゃないのでw)、見どころは終盤。
詳細は伏せますが、実にあっけない幕切れでした(笑)

でも、このあっけなさが、人生なのかも…なんて思ってみたり。


全体を通してみると、やっぱりロマンチックな作品なのかなあ…。
結末知ってからまたカバーイラストを見たら、小さな二つの人影に気づいてなんか感慨湧きました。