a4f09db0.jpg


宇宙戦艦ヤマト2199
第23話「たった一人の戦争」

感想

第23話、ここから第26話(最終回)までが第7章として先行上映された部分で、僕は先日鑑賞した上で再度見てます。
改めて見てみると、今回は物凄い展開が詰め込まれてましたね。
ネットでは「いい最終回だった…」なんて冗談も飛び交ってますが、最終回とするには駆け足過ぎでしたね。

しかし、今回は終盤最大の山場といっても過言じゃないかもしれません。
次回以降は戦後処理と帰路になっていきますからね。

6c97d464.jpg


878f9336.jpg



波動エンジンを兵器に転用したデスラー砲で、ヤマトを攻撃したデスラー総統。
ヤマトは難を逃れ、ガミラス本星を目指して加速します。

3a2a310d.jpg


7b8ac67c.jpg


8449de18.jpg



イスカンダルの技術を武器に利用したデスラーに対してスターシャから抗議のホットラインが入ります。
しかし、デスラーは「でもテロン人だって波動砲作っちゃったしー」「つーかキミの妹はワタシの手の内にあるんだけどー?」と全然謝る気配なし。ゲスラーめ!(笑)

e4842c5e.jpg


302a24cf.jpg



それに対して「アベルト!お願い」と総統の下の名前で呼ぶスターシャ。
ムムゥ…、お二人のただならぬ関係が窺い知れますね。



061583a1.jpg


e6f11eb5.jpg


14841862.jpg


ba09cc59.jpg


3a69a932.jpg



ガミラス本星へと突入したヤマト。
しかし、ガミラスを守る唯一の軍である親衛隊を指揮する長官ギムレーは、「ポーズだけはつけないとね」と、手抜きモード。
ヤマトはなんと、追撃を振り切って総統府ビルへと突っ込みます!

3b66b7bd.jpg


e9356a90.jpg



これは本当に凄かったですね!
波動障壁があるからこその体当たりなんでしょうけど、沖田艦長…突撃好きにもほどがあるだろ…(笑)

67d377aa.jpg


8a99b742.jpg



デスラーは、デウスーラに乗って総統府から脱出。
軌道上にある「第二バレラス」という機動要塞へ向かい、デスラー砲とドッキングします。

821ff579.jpg



そしてなんと、第二バレラスの一部を切り離し、総統府めがけて落下させます。
ま、まさに、ゲスラー…!

0c99f137.jpg


97e41768.jpg



総統府ではデスラーに見捨てられたことを知ったヒス副総統が、将校や市民に避難を指示。
そして、この台詞…。
「これが指導者のすることかぁーッ!デスラーーーッ!!」

279dcec0.jpg


b4d1350c.jpg



いやあ、ヒス君かっこええ…。
そして混乱のさなかでシュルツ司令の忘れ形見ヒルデちゃんを拾って抱きかかえてて…なんか萌ええ…。

1a81017b.jpg


091444d2.jpg


ed4ac2ed.jpg



迫る巨大物体に沖田艦長の判断が凄い!
なんと、総統府に刺さった状態からの波動砲!
撃つのは、なんと南部!
南部、はじめての波動砲!

ba845ae5.jpg


29b92fa1.jpg



かくして、ガミラス市民を守ったヤマト!
しかし、デスラーはさらなる攻撃を加えようとします。

30b0ea14.jpg


0ac91de9.jpg



今度は、直接デスラー砲を総統府へ向けたゲスラー!
「あなたが撃とうとしてるのは民なのですぞ!?」とのタラン軍需大臣の言葉も聞かずに、罪がどーのと悦に入り出したデスラー総統(笑)
も、もうダメだ…この人!!

0d50c698.jpg


118557f9.jpg



その頃、デスラー砲の制御室ではユリーシャとして囚われていた森雪がデスラー砲の破壊工作をしていました。
(雪さん今回いろいろと男前だょ…)
しかし、護衛役のノランに銃を向けられ…。

4b738212.jpg



…と、思ったら、アルマゲドーン!
やっぱりノラン良いやつだったー!
ていうか、銃を突きつけてから良いやつに戻るまでが展開速すぎてなにがなにやらー!(笑)

8a55b72a.jpg



しかし、彼の最期の言葉いいっすねー。
「本当の名前、まだ聞いてなかったな…」
(’ω’)うわあああああああ!

d7801554.jpg


fc73d572.jpg



ノランの尊い犠牲によって、爆発する第二バレラス!
ギムレーの艦も爆炎に包まれ大破ー!
ギムレー「なるほど、これが死か」
くああああ!憎たらしいけどかっこえええ!ガミラス人はどいつもこいつもー!(笑)



a8a01c2b.jpg



一方、「自分のすべきこと、自分にしかできないこと」を見つけ、ヤマトから雪救出のため発艦した古代。
第二バレラスからほとんど丸腰で放出された雪さんと、奇跡の再会…。

7aa187a5.jpg


03fff190.jpg



イスカンダルをバックに寄り添う2人…。名シーンですね。

527a4d6b.jpg


23e730ed.jpg





今回は、デスラー総統のこれまでのイメージが崩れるほどの暴走っぷりでしたが…。
イスカンダルとガミラスの統合を夢に見て、ガミラス本星を破壊し第二バレラスを「架け橋」、つまり新たな都としようとした?

1954dec6.jpg



彼が何に固執し、何を思ってこんな暴挙に至ったのかは、この後の回で一応明かされます。
(ていうか、EDでもう既に…以下略)
まあ、個人的には、それで面目躍如とはならないかと思いますが…。

bcba369b.jpg



さらに、今回デスラーに置き去りにされ絶望したセレステラの動向も、ちょっと大事な伏線ですね。







 【今週の雪さんとユリーシャとその他】

ed0e584a.jpg


074b9ebe.jpg



なんか今回はオトコマエというか、かっこいい雰囲気だった雪さん。
あっ、スカートびりびりありがとうございます。
でも、すぐに宇宙服着てしまったのが残念ですね、うん。

def9a9ac.jpg



「ぶっ潰すのよ!」
なんか、第一艦橋にいる時よりも生き生きしてませんか…(笑)


4cba998b.jpg



あと、雪を助けに行ける!→でも救出は古代が行け、でユリーシャのこの顔(笑)
(*´ ω `* )かっ、かあぃぃ…///

eb5baf6a.jpg


218bdc3c.jpg



でも、ユリーシャはなんであんなに雪を探しに行きたがってたんだろ?
古代が行くっていってんだからそれでいい気もするんですが…。はてな?
(ヘルメット付けてると雪だかユリーシャだか分からないねw)


d625dcd4.jpg



あと、凱旋したドメルに花束を渡した幼女が群衆の中にいましたけど、また花束持ってますね(笑)
彼女はとりあえずいつでも花束持ってるのかな?(笑)
花束無しでも「あっあの時の!」ってなると思いますけどね…。


さて、次回は水着回です!(ドオーン!)
第三艦橋にはご褒美が!あるはず!