755b3bbf.jpg


ユービック

UBIK(1969)
フィリップ・K・ディック
浅倉久志・訳
ハヤカワ文庫SF 早川書房

あらすじ

1992年、予知能力者狩りをおこなうべく、ジョー・チップら半予知能力者が月面に結集した。だが予知能力者側の爆弾でメンバーの半数が失われる。そしてこれを契機に、恐るべき時間退行現象がジョーや仲間たちの周囲にもたらされた。あらゆるものが退化していく中で、その現象を食い止めることができるのは<ユービック>という謎のスプレーだけだったが…。

感想

フィリップ・K・ディックの代表作「ユービック」です。
うーん…なにがなにやら難しい話でした(笑)


物語が始まる舞台は近未来(でも1992年。69年発表の小説ですので…)、世界には予知能力やテレパシーを持った能力者たちがいて、逆にその能力を打ち消す能力を持った不活性者たちの勢力と対立しています。
不活性者たちを集めたランシター社で超能力の力場を測定する仕事をしている主人公ジョーは、ある日社長のランシターが引き受けたワケありそうな仕事をこなすため、選りすぐった不活性者たちと共に月面へと向かいます。

しかし、それは能力者側が仕組んだ罠で、爆発によって社長のランシターを含む多くのメンバーが犠牲になってしまいます。
失意のどん底で地球に舞い戻ったジョーたち。
しかし、その頃からジョーの身に奇妙な現象が起き始めます。

それは、最初は些細なことでした。
カフェで注文した飲み物が何故か腐っていたり、買ったばかりの煙草の箱を開けると中は粉々になっていたり…。
しかし、やがてジョーの仲間が奇妙な死体となって発見されます。
それは、まるで死んでから何十年も経ったかのような、干からびて縮こまった遺体でした。

ジョーは自分の周りの世界が、どんどん古くなっていってることを知ります。
腐ったり干からびたりするだけではなく、退行する……例えば財布の中の小銭がいつの間にか今は発行されていない古銭に変わっていたり、空港にはジェット機がなくなってプロペラ機に退行していたり…。
1900年代の初期へ向かってどんどん退行していく時間の中で、ジョーは自分の存在の確かさにすら悩みます。


自己の存在について悩むという所は、やっぱりディックらしいですね。
ジョー・チップは、自分が生きていてこの退行世界が現実のものなのか、それとも自分は既に死んでいてこの世界は半生命の世界なのか、どちらが真実か判別できずに苦しみます。

読者としても、彼が既に死んでいるのかどうかよく分からないまま話が進んでいきます。
こういう、「自分は何者なのか?」「目に見える世界は本物なのか?」という問いは、僕が今まで読んだディックの小説の中にはよく出てくるおなじみの展開です。

最後の最後になんだかブラックユーモアで締めた所も好感もてます。
ああなるともはや映画「インセプション」の世界。
というか、「インセプション」ってディック的なテーマなんですよね。