37658bc4.jpg


Delicious! ~The Best of Hitomi Shimatani~
島谷ひとみ

avex trax, 2003, Japan

曲目

1. 解放区
2. パピヨン ~papillon~
3. 市場に行こう
4. Fantasista
5. やさしいキスの見つけ方
6. シャンティ
7. 亜麻色の髪の乙女
8. A.S.A.P. ~as soon as possible~
9. いつの日にか…
10. Poinsettia
11. 赤い砂漠の伝説
12. 元気を出して
13. Perseus ~ペルセウス~
14. La Fiesta
15. YUME日和

感想

島谷ひとみの2003年時点でのベストアルバム「Delicious!」
シンプルにほぼシングル・コレクションな内容ですね。(「ほぼ」と言うのは、1stシングル「大阪の女」が入ってなかったり、シングルのカップリング曲が入ってたり…)

僕は流行りのポップスは聴かない人なんですけど、流行ってさえいなければポップスだろうがエイベックスだろうが聴く人です。(ん、なんか失礼なこと言ってる?)
なので、島谷さんの最新の曲とかは実はノーチェックだったり…。
まあ、古いベスト盤を聴いて「あぁこの曲聴いたことある~♪」的な楽しみ方をしてもいいですよね。いいはずです。うん。


ポップス歌手なので、アップテンポな曲やバラード、ハウス、それから演歌、いろんなジャンルを歌うのはある意味普通なんですが、この方の場合、そのすべてで高いレベルにまとまってるのがすごいですよね。
なに歌ってもうまい。本物の証だと思います。

そして、よーく聴いてると曲調によって歌声を変えてきているのがわかります。
例えば、#5~7の3曲はそれぞれ違うトーンで歌ってますね。#5「やさしいキスの見つけ方」は、まるで裏表のないような、素直で明るい可愛い女の子風な声。特に高音での声のトーンが。一転#6「シャンティ」では、やや大人になった感じで、サビでは妖艶さもやや感じられます。(まあ、メロディの感じからして違うんですけどね…)さらに#7「亜麻色の髪の乙女」では、やさしいささやきのようなイントロから一転、元気いっぱいな歌声。
これが、「亜麻色の~」の歌声で「やさしいキスの~」を歌ったら印象変わってくるし、「シャンティ」の調子で「亜麻色の~」を歌ったらおかしいわけで…。
どんなトーンで歌っているかを気にしてみると、やはりいろいろと器用な方だというのがわかります。
それに、美人ですよね…^^;


個人的に好きな曲は、#13「Perseus」。
ハウス系の曲調ですが、メロディが和風で綺麗です。

その他の曲もノリの良いのは好きかな。
この方の特徴として異国情緒あふれる楽曲があげられますが、アジアンテイストなものもあれば、ラテンのノリのものもあります。共通点はどれも「情熱的」なことでしょうか?
#4「Fantasista」、#14「La Fiesta」とかはバリバリのラテン系POP。
#11「赤い砂漠の伝説」は、もうすごいです。サビの手前とかすごいです!

もちろん王道的なJ-POPも何曲か収録。
その中で特に印象強いのは、和風バラード#10「Poinsettia」です。
歌声が美しいのはもちろんですが、注目すべきは歌詞の内容。どうやら、「私」と「元カレ」と「元カレの今カノ」の3人でディナーを囲み、2人の結婚報告を聞かされたというシチュエーションらしいんですね…。
想像するだけで身震いするような辛い状況ですが、それをじんわり切ない失恋ソングとして歌い上げています。

その後の「赤い砂漠の伝説」だから余計にすごいのかも?(笑)