初めてのスター・トレックだったけどすごく面白かった。
宇宙SFの映像的なワクワク感は言うに及ばず、ユーモアの面でもとても親近感があるというか、相性が良かった。
主人公が正義の人ではなく、小生意気な若造なのも良い。

さらに監督の大好きなレンズフレア(笑)
逆光プラス移動シーンで激しく点滅してたのには笑った。やりすぎ(笑)

宇宙SFであり、カーク船長の誕生物語。
そこにさらに時間SFと、スポックのエピソードをぶっこんでくる。
スポックが主人公かと途中で思った。実際ダブル主人公かもしれない。
リブート1作目から挑戦的な詰め込みっぷりだと思う。それをちゃんと処理してるのが凄いが。

さらに凄いのは、時間SFの秘密が明かされた時に、過去のシリーズのリブートである本作に別の意味が加わる(かもしれない)ことである。
本作が過去シリーズとリブートを繋ぐ作品とあえて錯覚することで、時間連続体の不思議な連なりを感じ取ることができる。(過去作の結末は知らないので勝手に勘違いしているだけだと思うが)

2作目も見て、3作目は映画館で見たいと思う。



スター・トレック
(2009年/アメリカ)
【監督】
J・J・エイブラムス
【キャスト】
クリス・パイン
ザカリー・クイント
エリック・バナ
カール・アーバン
ゾーイ・サルダナ
サイモン・ペッグ
ジョン・チョー
アントン・イェルチン
ベン・クロス
ウィノナ・ライダー
クリス・ヘムズワース
レナード・ニモイ
ブルース・グリーンウッド