image

何かを抱えているエース北斗くん、エドのいまだ謎に包まれた真意、ベムラーやアダドの思惑、星団評議会は敵か味方か…。 
相変わらず事件の真相が読めない第7巻。 
というか出し渋りな感じもあるけど(笑) 

コマ割りがけっこう大きくて、テンポ良く読めるけど一瞬で読み終わる感もあって。
事件が数巻にまたがってるから余計に分かりづらいというか。
アイドルオタク連続殺人事件の時もそうだけど、どの要素がどこまで進展してるのか忘れてしまうから毎回数巻前から読み返す。

でもあれよね、あの人の登場は熱かったよね。
まさか、あの共闘が実現するとはー!!
しかもめちゃくちゃかっこいいという(笑)かっこよすぎて笑っちゃうという(笑)


今回購入したのはセブンのフィギュアが付いてくる限定特装版。
フィギュアはマジかっこいかった。
前回のマンよりも少しおっきくなってた。今は本棚に飾ってます。

限定とか特装という言葉に弱いので、限定特装版なんて戦う前から負けてる。(何が)
今後も特装版出るたび予約するんだろうな。
佐山レナちゃんのフィギュア化もオナシャス! (毎回言ってる気がする)  



ULTRAMAN 7
清水栄一、下口智裕
ヒーローズコミックス(2015)