有名な「忠臣蔵」の物語の16年後を描いた作品。
赤穂浪士の生き残り・寺坂吉右衛門と、討ち入り直前に逃亡した瀬尾孫左衛門の再会から物語は始まる。

大石内蔵助の忘れ形見である姫君を16年間守り抜いた老侍。
自分を育て上げた50歳前後のオジサンを慕う16歳の可憐な娘。
けして甘々な描き方はしていないのだが、なんだかこの歳の差に萌えてしまう。
姫から慕われて照れちゃう役所広司も可愛い。

結末は意外だったが、孫左が侍の中の侍として描かれたのだと思えば、ああいう終わりもあるだろうと思えた。
孫左は、内蔵助から可音(かね)を託されたことで死に場所を失ったわけで、主君の無念を晴らし死んでいった同志への罪悪感を抱いている彼にとっては、その使命だけが現世に残って生き恥をさらし続ける理由だった。
そもそもこの御役目さえなければ、孫左は他の赤穂浪士と共に武士の本懐を遂げていたはずだ。

死ぬべき時に死ねなかったことを悔やみながらの16年。
そんなつらい日々も、可音に縁談が持ち上がったことで終わりを迎える。
娘の父離れが、ある意味で孫左を救ったのかもしれない。

侍とはなにか。その精神性を描いた時代劇だ。
武士道精神と一言で言って知った気になっているが、実際に私が孫左のような判断と覚悟をできるか問われればまず無理だ。
ある意味でかなり神話的というか、少しやりすぎな気もするのだが、それだけ現代人と侍の間に思想的・精神的距離が出来たということかもしれない。
共感できないほど侍映画としての意味は大きくなるのかも。



blogramで人気ブログを分析


最後の忠臣蔵
(2010年/日本)
【監督】
杉田成道
【キャスト】
役所広司
佐藤浩市
桜庭ななみ
安田成美
片岡仁左衛門