機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
第7話 いさなとり
第8話 寄り添うかたち
*感想

第7話からは「テイワズ編」という風に公式では分けているみたいだ。
ちなみに第1話から第3話までが「CGS編」、第4話から第6話までは「鉄血編」とされている。(もしかして円盤は3話ずつ収録だったりするのか)

第7話は、突如現れたテイワズ傘下の組織タービンズとの戦闘回。
第1話で少年兵たちを囮にして逃げ出したCGS社長マルバが、タービンズのリーダーである名瀬・タービンに泣きつき、オルガたちに奪われた組織と船を取り戻そうと追ってくる。
鉄華団とタービンズの交渉は決裂し、戦闘が始まってしまう。

戦闘をじっくりと見れる回だった。これまでで一番長かったんじゃないだろうか。
タービンズはアミダ姐さんを筆頭に百錬(ひゃくれん)2機と遊撃手として百里(ひゃくり)1機。
対する鉄華団は、三日月が乗るガンダム・バルバトス(滑空砲装備)アーンド、昭弘が乗るグレイズ改!
小規模な戦闘だけど話のスケールに合ってていい。船出したばかりの少年たちには世界の命運なんてまだ考えられないだろうし。


昭弘が大活躍だった。百里に振り回されていた主人公機と違って、グレイズ改は腕の立ちそうなアマゾネスが駆る百錬2機相手に踏ん張る。
三日月に任されたと奮戦する昭弘。彼にとって三日月はどういう存在なのだろう。
お互いに宇宙空間でたった一人頼れる存在が、バルバトスでありグレイズ改だろう。
戦場では三日月と昭弘しかいない。そういう意味では、三日月とオルガの絆とはまた違った絆が三日月と昭弘の間に芽生えているのかもしれない。

脳筋っぷり全開の昭弘の奮戦は熱かった。
アミダ姐さんは「脳みそまで筋肉みたいな…」ってやわらかく言ってくれたけど、いえ、「みたい」じゃないです、脳みそまで筋肉です。
赤い百錬の膝蹴りで顔がひしゃげた後のゼロ距離砲撃、そして青い百錬の左脚にしがみついてガシガシ殴るというバーサーカーっぷり。なにがしたいの?脚が欲しいの?(笑)
(仮にMSの片脚がなくなった所で宇宙空間では大したダメージにはならないだろうに)
(昔ジオンの整備兵が「脚なんて飾りです」って言ってた。脳筋の人にはそれが分からんのです)

バルバトスVS百里だけど、こちらは百里のパイロット、ラフタが煽る煽る。
やられてる三日月じゃなくてもちょっとイラっときた(笑)
そういえばこの作品ここまで割とおしとやかな女性ばかりだったかな。明るすぎてウザいというのは初めて。

そういえば、バルバトスがきちんと出撃したのも初めて。
今回初めて出るべき所からでました(笑)
三日月もなんか「じゃあ、いくよ…」みたいなこと言ってて、あー今後ゲームで使われんだろうなーとか思った。

ちなみに三日月が百里を止めるために使ったワイヤーは、なんと第5話でガエリオのシュヴァルベ・グレイズとやりあった時に頂戴したワイヤーアームをバルバトスに装備させたということらしい。
これ、知ってから見るとまた面白さが違ってくると思う。
ガエリオありがとう!



第8話、序盤はタービンズの艦ハンマーヘッドに奇襲をかけたオルガたちがデッキを制圧するまでが描かれる。
第7話のラストから少し時間を巻き戻した感じ。第7話の終盤に描けなかった部分の補完。
こういう構成は第1話と第2話でも同じことやってた。

名瀬がけっこう話の分かる男で、オルガたち若者の面倒をみようとするのが良かった。
金に困っているならテイワズに入って仕事しないかと。
それはある意味で、どこまでも組織を拡大したいマフィアにとっては当たり前の誘い文句なのかもしれないが。

でも、オルガの青い覚悟を叱ったりするなど、本当に面倒見の良い人物なのだろうと思った。
伊藤悠のデザインした色男というだけでハーレムを築けたわけではないようだ。
(ただオープニングのワンカットをハーレムバージョンに変えたことだけはなんか許せない)

オルガも、名瀬と比べるとまだまだガキなんだが、「流した血が鉄のように固まって」だから俺たちは離れることができないというセリフは良かった。
普通に考えて、名瀬の言うことが正しい。CGSがなくなり、ヒューマンデブリも少年兵たちも自由を得た今、彼らを縛るものはないし、現実は若者たちだけで寄り添って生きていくのを容認してくれるほど甘くない。

だが、オルガの言葉を聞くと、なんかそれも分かってしまう。なんか納得してしまう。
悲しい過去が、彼らを強く結びつけている。
過去を克服する、虐げられた記憶に打ち克つためには、何かを成し遂げなければならない。それがクーデリアの護衛。
オルガはそんなことを漠然と感じているのかもしれない。

名瀬に子供扱いされてしまったと頭を抱えるオルガ(笑)
でも私もビスケットと同じく、それで良かったのだと思う。
ちょっとスネるオルガは、もしかしたらとても可愛い人かもしれない…。


可愛いといえば、ハーレム話になった時のクーデリアの反応がかわいかった。
男共も驚いてたけどまあやっぱり男の夢だから「マジかよ…」みたいな表情なのに対し、清らかな乙女クーデリアお嬢様は「そんな世界があるなんて…」みたいな反応だった。(気のせいです)
赤ん坊見て「くぅぅぅ〜…ッ」ってなるの、分かる。

あとアトラちゃんはやっぱり可愛いな!
「おかわりは?」「いつもの半分しか食べてないよ?」とか、もうお母さんじゃん。
バブみを感じたので「アトラは私の母になるかもしれなかった人だ!」とか言い出していいですか。
すいません。