エール!
(2014年/フランス)
【監督】
エリック・ラルティゴ
【キャスト】
ルアンヌ・エメラ
カリン・ヴィアール
フランソワ・ダミアン
エリック・エルモスニーノ
ロクサーヌ・デュラン
イリアン・ベルガラ
ルカ・ジェルベール

*感想

聴覚障害を持つ家族の中で生まれ育ったただ一人健聴者の少女が、夢と家族との間で葛藤する姿を描いた爽やかなヒューマンドラマ。
オーディション番組で注目された新人女優で歌手のルアンヌ・エメラが、「瑞々しさに溢れた奇跡の歌声」と賞賛された歌声を披露し、フランスでは4週連続No.1の大ヒットを記録した映画。

フランスの片田舎で農業を営むベリエ一家は、高校生の娘ポーラ以外、父も母も弟も全員耳が聴こえなかったが、「家族はひとつ」を合言葉に明るく幸せな毎日を送っていた。
ある日、ポーラは音楽教師にその歌声を見出され、パリの音楽学校への進学を勧められる。夢に胸をふくらませるポーラ。
だが、ポーラの歌声を聴くことができない家族は、彼女の才能を信じることができず猛反対し、ポーラは歌手になる夢を諦めようとする。



感動作と少し身構えて観に行ったけど、そんな重い雰囲気は全然なくて気楽に見れる映画だった。
笑って笑ってちょっと泣いて。感動作である前にとってもコミカルな映画だ。下ネタ満載。
涙が出てきてもそれは苦しさやツラさからの解放からくる涙ではなくて、なんでもないシーンで「あー良い映画だなー」とジンワリ出てくる感じだった。

聾唖者ばかりの家庭なのにやたら騒がしい印象のベリエ家。
手話でガンガン喧嘩売ってくスタイルの父親に、美人だけどテンションが高すぎる母親。
日も暮れないうちから隣室で始まる夫婦の営みにけっこう慣れてしまってる娘。牛の方がよっぽど静かである。

このコミカルさは聾唖者という設定からくるものだと思う。
普通に喋ってしまったら特に面白くもないことも、手話や表情、ジェスチャーで語るとすごく面白い。
もちろん役者の演技、誇張されたキャラクターもあるのだろうけど、言葉のみの会話と違って身体全体を使っての対話はとてもアグレッシブだ。特にお母さん(笑)

そう感じるのは、「障がい者の方がこんなことを言うなんて!」という健常者の私の勝手な思い込み・偏見もあるんだろうと思う。
聾唖者は喋れないというハンディキャップがあるだけで、その他には何も変わらない。
口が悪い人がいれば、ヒステリックに騒ぎ立てる人もいる。そしてみんなセックスがしたい。
物を言わないから、みんなおとなしい性格なのだろうというのは、間違ったイメージだ。

障がい者だろうがなんだろうが、十人いれば十通りの性格がある。
その個性は、障がい者であることとは無関係なんだろう。
そのことを説教臭くなく気づかせてくれる映画だった。


特筆すべきはヒロインのルアンヌ・エメラだろう。
けして美人とは違う(少なくとも日本人の感性において)彼女の表情が逐一素晴らしい。
目に力があって、ふてくされていても絵になる。

そしてなんといっても歌唱力が本物。
烏合の衆が集められた音楽の授業で一人突然力強い歌声を発するのはなかなか鳥肌ものだった。

さらに友人役の女優はヒロインと対照的に細面で色白。
二人が並ぶと旧人類と未来人のようで、彼女らが生み出す時空の歪みにものすごく引き込まれる絵になっている。
…というのは冗談だけど、このコントラストはやっぱり狙ってキャスティングされたのかな。

クライマックスではもちろん泣けたけど、「感動した」とかそういう重たいものではなくて、ただただ幸福な映画時間を過ごせたという満足感があった。
聾唖者についての映画であるのに説教臭さはまったくなく、そのあたりのさじ加減も絶妙といえるかもしれない。