カノジョは嘘を愛しすぎてる
(2013年/日本)
【監督】
小泉徳宏
【キャスト】
佐藤健
大原櫻子
三浦翔平
窪田正孝
水田航生
浅香航大
吉沢亮
森永悠希
谷村美月
相武紗季
反町隆史

*感想

「僕は妹に恋をする」「僕の初恋をキミに捧ぐ」(たしかどちらも実写映画化してたはず)の青木琴美による人気コミックの実写化映画。
主演は佐藤健と、オーディションで選ばれた新人・大原櫻子。

大人気バンドCRUDE PLAY(クリュード・プレイ、通称クリプレ)の影の存在として楽曲を提供する、若きサウンドクリエイター、秋。
かつてクリプレの一員だった彼は、音楽業界のしがらみや恋人の不義に嫌気がさしていた。
そんなある日、秋は偶然出会った女子高生・理子に、気まぐれから偽名を名乗り、一目惚れしたと嘘をつく。
それを信じた理子と秋は交際を始めるが、美しい歌声を持つ理子はやがて音楽業界へと道を進み、秋は理子への想いとの狭間で悩むのだった。



私は基本的にこの手の実写化映画って見ない。
まあ少女漫画ってジャンル自体を読まないから、それが実写化しても基本的に食指が動かない。
音楽業界を舞台にしていたから、そして「カノジョは嘘を愛しすぎてる」という詩的で少し哲学的なタイトルに興味が湧いたのかもしれない。

本作はある意味で予想の範囲内だったし、その一方で結末の意味が分からないし、あまりおすすめできる作品ではなかった。
ただ、部分的には良い所もあったし、個人的に惜しい部分や気になる点もあったので、今回の感想はそれを並べて終わりたいと思う。

まず、ヒロイン・理子を演じた大原櫻子の歌声が良かった。
声がキレイなだけでなく、とても伸びやかで力強い。
彼女が歌い始めた瞬間、鳥肌が立ったかと思ったほどだ。

ルックスもけして美人系ではないが、親近感の湧く(どこにでもいそうな)女の子で、安易に売り出し中の新人女優を起用しなかったのは大正解だったと思う。
マッシュルームを思わせるヘアスタイルが可愛らしかった。

クリプレの裏側についても皮肉が効いていて良いと思った。
幼なじみバンド、学校では大人気でもプロとして見た時にはたいした実力でもない。それゆえにゴールデンボンバーみたいなエアバンド状態になってしまう。
いつか自分たちの演奏を聴かせようと練習するメンバーと、そんなものは無意味だと一蹴するプロデューサー。
まさに夢と現実を容赦なく具現化した設定だ。

ゴースト・ミュージシャンからクリプレメンバーに昇格した心也は、他のメンバーとも少し違う立場、そして秋とライバル関係にあってなかなか面白いキャラクターだった。
というか、これは窪田正孝をキャスティングした時点で大正解だったと思う。

惜しいのは、秋と心也が理子を取り合う構図になりながらも、秋と心也の直接的な衝突がなかったこと。
心也の人物像はしっかりとしていたが、後半言いたいことも言わずにフェードアウトしていったのが悔やまれる。絶対秋に言いたいことあったはずだろ…。(なんで肩を押さえてるの?)


あとは気になるというか、本当に分からないんだけど、ラストのキス、というかキスしてエンドのラスト、あれは何だったのか?
海外に渡る直前の出来事、けして離れたくなどない人との最後のセッション。
たぶん私が男性脳だからかもしれないが、あのキスから秋のその後の行動を読み解きたくてしょうがない。
結局、どっちだ?どうなったんだ?

そう思うのも、キス自体が既に映画の中で珍しくなくなってるせいだ。
もっと唐突に強引にキスに持ち込むシーンもあったし、今さらキスするためのキスなんてありえないのだ。
キスしてキャーキャーするのも3回目だとさすがに飽きてくる。

そもそもヒロインは徹底して唇を奪われすぎだろとか、女性のイケメンの方からキスされたい願望モロわかりすぎだろとか、そういう風に考えてしまって辟易してしまうというのもある。
洋画だと女性の方から積極的にいくじゃないですか。そういう素振りが少しでもあればまたキスの意味が違ってきて面白いんだけどな。

世の女性たち、キスは奪いにいくものですよ?