シャークネード
(2013年/アメリカ)

【監督】
アンソニー・C・フェランテ
【キャスト】
アイアン・ジーリング
タラ・リード
ジョン・ハード
キャシー・スケルボ
ジェイソン・シモンズ

*感想

サメ映画界に燦然と輝くB級パニック映画「シャークネード」。
友達に勧められたので見てみたがウワサどおりのくだらなさだった(笑)

ハリケーンによって発生した竜巻が洋上でたくさんのサメを巻き上げ、そのままカリフォルニアに上陸し、空から凶暴なサメたちを降らせて街がパニックに陥るというとんでもない設定の映画。
飢えたサメたちは空高く舞い上げられ地上に落とされているにも関わらず、地上の人間を狙って降ってきて捕食してしまう。その正確無比な動き。むしろヒレを使って滑空さえしているのではないか?…そんな気にさえなってくるほどサメの突撃がいちいちクリティカル・ヒットだ。

そんな中で、海辺でバーを営む主人公は、離れて暮らす家族の安否を確かめるために従業員の女性とサメの降る中を車で移動することに…。
最終的にはすべての元凶であるサメの竜巻=シャークネード(このネーミングセンスも流石というかなんというか…)に立ち向かって行くことになる。



もういちど書くが、クッソくだらない(笑)
そのくだらなさが一部にウケているのであり、けして「B級映画にしては面白い」などと誤解してはいけない。
やはり、いろいろお粗末な所も目立つ作品だ。

それから、サメ映画に熱烈な愛情を注ぐ層がいることも忘れてはいけない。
B級映画界でのサメ映画の人気は根強いものがあるらしく、この「シャークネード」に負けず劣らずのトンデモ設定のサメ映画は数多くある。
そういうサメ映画を愛する者たちにとって、この映画は「空からサメが襲ってくる」という新たな視点を取り入れた記念碑的な作品なのかもしれない。

ちなみに続編ではいろいろとパワーアップしているそうで、そちらの人気も高いこのシリーズ。
でも、一度ちゃんとサメ映画の原点「ジョーズ」から見ようと思いました…。