ジャッキー・ブラウン(1997年、アメリカ)

【監督】
クエンティン・タランティーノ
【キャスト】
パム・グリア
サミュエル・L・ジャクソン
ロバート・フォスター
ブリジット・フォンダ
マイケル・キートン
ロバート・デ・ニーロ
クリス・タッカー
マイケル・ボーウェン

感想(2015年3月15日、TV録画にて鑑賞)

タランティーノのクライム・サスペンス。
曲者役に挑んだ豪華キャストが見所。

中年スチュワーデスのジャッキーには、武器商人オデールの運び屋という裏の顔があった。
ある時、FBIに逮捕されたジャッキーは、オデール逮捕に協力するよう持ちかけられる。
オデールとFBI、双方を巧みに騙し続けるジャッキーの真意は…?

タイトルバックがかっこいいらしい。
らしい、というのは、私はちゃんと見れてないから。
TV放映の弊害で、編集されてしまったようだ。(Jackey Brown ドーン!だけは見たけど、そこに至るまでのジャッキーのクールな姿が、保釈屋事務所に来たオデールに差し替えられている?)

タランティーノ作品はR指定になるものが多いから、ちゃんとパッケージ版で見た方がいいことに気付いた。(今回カットされたタイトルバックは普通のシーンだったけど)
ただ問題は、分からないまま録画してとりあえず再生してしまうから、始まるまで(あるいは始っても)タランティーノ作品だと分からないことだ(笑)
見る前にググればいいんだけど、その手間も惜しむ人。←

この作品については、いつか改めてきちんと見ようと思う。
タイトルバックは世界一かっこいいと言ってるファンもいるくらいなので。