170d2d50.jpg


ピンポン THE ANIMATION
第11話「血は鉄の味がする」

感想

もうなんかいろいろ良かった最終回でした。

5e00aaf5.jpg


6deb92d3.jpg


基本的に原作漫画に忠実ながらも、新たな描写を追加してより深い表現をしてきたこのアニメ「ピンポン」。
最終回でメインとなったのはペコとスマイルの決勝戦でしたが、これは勝ち負けを争うものではなく、「ロボット」であるスマイルが鉄の殻から飛び出す手伝いをペコがする、というものになってました。
スマイルにも血は流れているのだと、手のひらを太陽に透かしてみれば真っ赤に流れるものがあるのだと……。

0ea5360f.jpg


1a3852ed.jpg


それから、登場人物のそれぞれが卓球が好きで好きでしょうがない様子も描かれてましたね。
江上の卓球への懺悔もそうだけど、唸ったのは小泉とオババの会話にかつてのライバル・海王理事長も絡んできたこと。

今まではドラゴンの視点で描かれてきたので、血も涙もない守銭奴のような印象を持ってましたが、意外に面白い人物でした。
それぞれ相手に思うことはあるだろうけど、小泉にとっても理事長にとっても過去のこと、という感じがしました。
小泉の提案「卓球しようぜ」がその証拠。3人のやりとりは微笑ましかったですね。

1e089eef.jpg


そしてペコとスマイルの試合に被せる形で各選手の幼いころの姿が……。
多分これは卓球を始めたばかりの、卓球が楽しくて楽しくてしょうがなかった頃の姿ですね。
勝つためだとか、暇潰しだとか、そんなことを微塵も考えずに、ただただ楽しくて打っていた頃……。

29498a08.jpg


スマイルはペコのおかげでその頃に戻ることができた。
だから、嬉し涙を流したんでしょうね。

fb4d7a3d.jpg


で、これただ単に仲直りしたとかそういうレベルじゃなくてですね。
最初の方でこういう台詞がありました。

月本「僕は打てますよ。先生。右膝が弱い相手ならフォアに深く打ってバックに切り返します」
小泉「ミスター月本にクエスチョン。弱点を攻められたヒーローはどうなるね?」
月本「ヒーローに弱点などありません」
小泉「うん、OK。ミスター月本。やはり君は私の知るかぎり最も素晴らしい選手だよ」

このことからも分かるようにスマイルは一切手を抜いていない。
膝を怪我しているペコに一切遠慮しないで打ってるんですよね。
でもペコはスマイルと互角以上の戦いを繰り広げる。
それはスマイルにとって、かつて幼い自分の目に無敵のヒーローに映ったペコの復活なんです。
それも嬉し涙の主な成分でしょう。

あれ、ということは、ある意味ではスマイルがペコをヒーローにしたとも言えるのかな?
ペコのしょっぱい卓球にうんざりして笑わなくなったスマイル。
一足先に才能を開花させ、ペコを飛び越し、ペコを焦らせる。
ペコは「スマイルが待ってる」と奮起する……。

ペコがヒーローになるのをずっと待っていたのがスマイルで、スマイルを救ったヒーローがペコなのか……。



さて、それから年月が過ぎ……。
「その後」の描写もほぼ原作通りだったけど、いろいろ付け加えられて楽しいことになってます。

・携帯ゲーム機を捨てたスマイルは、ようやく原作通りルービック・キューブで遊ぶようになった。
・トンビに弁当をさらわれる風間さんwww
・一流選手として返り咲いた(?)孔さん。(なんと日本に帰化して日本代表選手に!もう「チャイナ」じゃないw日本名・辻堂文革とかなんか泣ける!)
・ペコのラケットを海に放り投げるスマイル。

97dfd64a.jpg


ルービック・キューブにもともと原作でどんな意味が込められていたのかは分からないんですけど、少なくとも自分一人の世界に閉じこもりがちなスマイルのオプションとして機能していたと思います。
アニメ版では、スマイルを無敵のロボットに例えるためのアイテムとしてゲーム機が登場しました。
そのゲーム機を捨ててルービック・キューブに持ち替えたということは、何かスマイルの良い変化を表していると思うんですが……。

ab05dd6f.jpg


ペコのラケットを投げ捨てるスマイル。
さすがにあそこにペコのラケットが落ちてるはずはないので、スマイルの心境の変化の象徴ということですかね。

私なりの解釈をさせてもらえば、あれはそのままペコとの決別なのではないかと。
決別といっても仲違いしたとかではなく、ペコへの依存をやめたということ。
スマイルは幼いころからヒーローであるペコに守られて来ており、最終回でもスマイルがペコによって救われた、という構図になってます。

しかし人生はいつまでも誰かに頼ってはいられないもの。
ヒーローに救われた者は今度は自分の足で立って歩いて行かなければなりません。
その覚悟がスマイルにはできている。だからペコのラケットをぶん投げることができるのではないかと。
スマイルは1人で自分の人生を生きていくことができるんです。



まあそれにしても面白いアニメでした。
原作を知っていたというのもあるけど、それを抜きにしても充分魅力的な作品だったと思います。
いやむしろ、原作漫画がより分かりやすくブラッシュアップされていて、原作者・松本大洋も大きく関わっていることから、このアニメ版こそ完全版じゃないかと思いたいくらいです。

監督・湯浅政明はアメリカのTVアニメの監督に抜擢されたようで、今後彼の作品を日本で見れるのがいつになるのか分かりませんがちょっと注目したいアニメ監督になりました。
過去作とかもちょっと気になりますね。

それからLAMA好きの私としては牛尾憲輔が全編に渡って手がけた劇伴も最高でした。
本当に音楽が試合シーンを盛り上げ、回想シーンを切なくしていたと思います。
サントラほしい!サントラほしい!サントラほしい!
(ピンチの時は3回唱えろ!そうすりゃオイラがやってくる!サントラ星からやってくる!)

ほんとオススメのアニメ作品ですので、まだの方は是非♪

blogramのブログランキング