ハイキュー!!

【原作】
古舘春一
【監督】
満仲勧
【アニメーション制作】
Production I.G.
【声の出演】
村瀬歩
石川界人
日野聡
入野自由
林勇
細谷佳正
岡本信彦
内山昂輝
斉藤壮馬
増田俊樹
名塚佳織
神谷浩史
田中一成
浪川大輔
吉野裕行
中村悠一
梶裕貴

あらすじ

烏野高校排球部のエース「小さな巨人」に憧れ、バレーボールを始めた小柄な少年・日向翔陽(ひなた しょうよう)。類稀なバネと速さを持った日向だったが、中学のバレー部には自分以外の部員がおらず、やっとのことでメンバーを集めて出場した中学3年の公式戦では、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッター・影山飛雄(かげやま とびお)に惨敗してしまう。影山へのリベンジを果たすべく、烏野高校へ進学した日向。しかし、そこには自分と同じ新入部員として影山の姿があった……。圧倒的な運動神経を持ちながら技術不足な日向と、天才的なセンスを持ちながらチームワークに欠ける影山。しかし二人はそれぞれの持ち味を活かしたクイック攻撃<変人速攻>を編み出し、仲間たちと共に全国を目指す……。

感想

4月から9月まで、2クール全25話が放送されたバレーボールアニメ「ハイキュー!!」
もともと原作漫画の方にハマっていた妹の勧めもあり、視聴しましたがとても面白かったです。
(地元宮城県が舞台というのも地味に気になったところです。今後も、宮城や仙台が舞台のアニメはなんだかんだ見てしまうんでしょうね)

41e2cc83.jpg




■バレーに懸ける青春!!

個人的にスポーツ漫画/アニメってあまり見ないんですよね。
ハイキュー!!以前に見たスポーツアニメってなんだろうと考えたら、同時期に始まった「ピンポン」を除けば、野球漫画原作の「メジャー」くらいしか浮かばないんですけど(笑)アレはとにかく主人公がアツくて面白かったですねー。

ハイキュー!!もスポ根的な面白さはもちろんありましたが、何よりも特徴的だったのは「青春」を前面に押し出していたことですかね。
けして弱小バレー部が短期間で強豪レベルになる話ではなく、また、チーム内不和などもほとんどない内容なので、そうすると自然と「青春」の二文字が強調されてくるのかな、と。

全国レベルの素質がそこそこあって、チームの雰囲気も良い、そんな子たちがそれぞれの悩みを解消させながら高みを目指していく物語ですね。
まあとにかく、劇中で脇役に「いいなあ高校生、青春だねえ~」と言わせてしまうほどの青春ダイアリーでしたね(笑)

f29125f8.jpg


9c566660.jpg


それからバレーボールの魅力も余すところなく伝えてたと思います。
(といっても私はバレーボールほとんど知らずに見たんですけど)

スパイクを打つ者だけが花形ではなく、レシーブ、トス、すべてが繋がらなければ勝つことはできないんですね。
特に守備専門のリベロ、トスを出す司令塔・セッターというポジションとその魅力を知れたのは大きかったですね。
このアニメを見る前と後で、バレーボールを見る目が完全に変わりましたもん。

さらに、さまざまな状況下での知能的な判断もなかなか面白かったですね。
他校の個性的なチームとの戦略面での駆け引きや、コート上での攻防も良かったですね。
フェイントやツーアタックを決められた時は主人公と一緒になって悔しがりましたし、逆にツーアタックをやり返した時は痛快でした。

シリーズ後半の県予選大会では、しっかり試合の面白味を描いていたと思います。

39d02b15.jpg


6978dddc.jpg




■敗者の視点

天才的な能力を持つ日向と影山を中心に描く物語ですが、しっかりと「敗北者の視点」を描いていたのが個人的には好きです。
第16話では、烏野と対峙した弱小チーム・常波高校の視点や、男子ほど強くない烏野女子排球部の視点から描かれたエピソードがあって、これがとても良かったです。
「俺たちの分まで勝ってくれ!」という割とありきたりな言葉が、どうやって発せられるのか丁寧に描いてました。

1回戦で敗れて、そこで3年生は終わりなわけですよね。
「あの時もっと練習しておけば」とかいろいろな思いが込み上がってきちゃうという内容なんですが、これ考えてみたら運動部やってる人の半数は地方大会の1回戦で消えていくわけじゃないですか。
勝ち残ったもう半分も、次の2回戦で半数が消える……そう考えると、勝って終われる人ってほんの一握りなんですよね。

fcc22c38.jpg


92ee41dd.jpg


つまり、誤解を恐れずに言えば、負けることの方がスポーツにとっては普遍的なんですよ。
敗北こそ青春の味。
あの16話は、日本中のスポーツ部やってた人の心に響く回だったと思います。

で、この敗北の味、実は第1話で既に描かれてるんですよね。
中学最後の公式戦に弱小チームで挑む日向、という図式で。
その時は原作未読だったのでなんとか涙こらえましたけど、初見でもかなりグッときて、これはヤバイぞ、と思ったんでした。



■ハイキュー!!の景色

個人的な話ですが、ハイキュー!!の影響でバレーが好きになりました……つってもにわかですが。
少なくとも放送中はちょうどグラチャンバレーの決勝ラウンドとかがあったりして、珍しく見ましたねー。

たぶんハイキュー!!見てなかったら、ただラリーが続くのを見守ってただけだと思うんですけど、ハイキュー!!見た後だと木村沙織選手がかっこいいことこの上ない!
セッターの宮下遥選手とか、なんか未成年(8月時点)で年上のお姉さんたちを支配してるんですよ!すごくないですか!?
長岡望悠選手は髪型が日向にしか見えなかったし!

とにかく一時的にでも女子バレーにハマったのは、間違いなくハイキュー!!の影響ですよね。
男子バレーは見てません、えっなんで?って聞かないでください……///

7d371610.jpg


同じ頃、妹からのクエスト依頼もあって、ハイキュー!!ウィークin仙台の物販や展示にも行きました。
独りで行ったんですけどね……。宮城限定販売の商品を買っとくように言われたんです。
こういうイベントごとに足を運ぶのも私としては珍しいことなんで……。
ほんと、この春夏期はハイキュー!!で楽しませてもらった思いですね。

7dd8c456.jpg




あとは、アニメ2期が決定してくれれば言うことないんですが。
いやむしろ2期はどう考えても決定事項で、やる時期の発表を待ってるだけなんですけどね(笑)

2期では、月島の変化や山口の成長も描かれるのかなー。
てか、伊達工や青城と再戦する可能性大ですよねー。

2期を呼んでくれ、エースーッ!