76d74ded.jpg

PSYCHO-PASS サイコパス
第11話「聖者の晩餐」

あらすじ

泉宮寺との死闘を切り抜けた狡噛だったが、朱の友人ゆきを槇島に奪われてしまう。駆けつけた朱は狡噛に代わって一人槇島を追うが、そこで朱は重大な選択を迫られる……。

感想

やっぱりな……な結末。
しかし、もう助からないと半ば分かっていてもハラハラするものがありますね……。

後半の展開が怒涛すぎて、何から書いたらいいか分からないけど。
とりあえず、サイボーグじいちゃんこと泉宮寺の輝きを忘れてはいけないと思います。
サイボーグとしての活躍は無かったのでちょっと残念だったけど、ハンターとしての優位性をなくしてもデュエリストとして命を燃やそうとする姿勢がなんかかっこよかった(笑)
やってることは下衆の極みですがw


で、その泉宮寺VS狡噛の熱を吹き飛ばすほどの盛り上がりを見せたのが、朱と槇島の対峙。
視聴者的に今まで謎だった部分がいろいろ解けたパートでもありますね。

一つは、槇島の犯罪係数ってどのくらい?という素朴な疑問。
これについては、「一般人と同じ」というある意味衝撃の答。
しかも、人を傷つけたり、「殺す」と宣言する度に、犯罪係数が下がるという脅威の精神状態。
「聖者の晩餐」というタイトルが嫌味すぎて……(笑)

槇島は、暴力や殺人を悪いことと思ってないのでしょうかね。
いや、それだけならば、王陵先輩や泉宮寺も悪びれずに殺っていたので、犯罪係数低いはず。
彼らと槇島の違いと言えば、「興奮を感じない」ことでしょうかね?
むしろ、槇島は人を殺すことに安らぎを覚え、どんどん心穏やかになっていくタイプ?

そんなタイプがあるのか、それが「サイコパス」ということなのか、そこら辺の細かい解釈については新たな謎が浮かんでしまいました。


もう一つは、シビュラシステムって完璧なの?っていう疑問。
槇島がなぜか執行対象として認められず、目の前にいながら槇島の殺人を止められなかった朱。

僕は今まで漠然と「この世界はディストピアだ」と思っていましたが、それを裏付ける形に。
シビュラシステムでは裁けない槇島が何らかの意味を持つイレギュラーなのか、それともシステム自体に隠された真の目的があるのか、これも新たな謎が浮かんできたけど、なんにせよ、槇島を包囲するにはドミネーター以外の手段が必要になったことは確かですね。

それに対して各々がどんな対応をとるのか……。
狡噛さんはシステム無視して己の肉体で裁こうとしそうですが、ギノや他のメンバーはどうするんだろ?
シビュラが変わらない限り、槇島を裁くことはできないわけですから、ギノとかはシビュラに執着しそうだけど、それでは手詰まりですよね?


そして、多分一番重要だったのが、朱による発砲。
どうやら空砲だったようで、槇島を止めることはできませんでしたが、これが意味することを考えると朱の今後が大いに心配……。
シビュラによって「善良な市民」と判断された者を撃とうとすることは、システムへの反抗であり、そして槇島の言う「自分の意思で人殺しになれる人間」に堕ちても構わないということ。(宜野座さんが知ったらめっちゃ怒鳴られるw)

正直、朱はそこまで覚悟はしてなかっただろうけど、撃鉄を引いたことで、一線を越えてしまったことは確かだと思います。
そうでなくとも、目の前で友人の死を見せつけられて、今までにない苦しみを味わったはず。
「色相が濁りにくい」という朱なので、2クール目から彼女がどんな成長進化を見せるのか楽しみです。

そして、槇島の提示した「人殺しになれる人間」というのは、裏を返せば、システムに頼らずに自分で決断しその責任を負う覚悟のある人間のこと。
「メディアの情報やルールに縛られず、自分の意思で決めていくことが大事」というメッセージにも思える。たまたまこのアニメではその目的が殺人というだけで……((((;゚Д゚))))

f9083513.jpg

見てる視聴者の方が犯罪係数上がっちゃうよ……(汗;


あと、地味に気づいたんですが、結局、槇島は朱に自分を殺させようとするも、それは朱を見極めるためで、自分の命の保証はしていたわけですよね。
ということは、自分の命すら投げ出してしまうほど狂っているわけでもない。
やはり、何か大きな計画のために動いているんでしょうか?


今回はとっつぁんの頭突きが見事すぎました。
前回はギノをブン投げるし、今回は狡噛に頭突き……。
本当に最近はアクティブな中高年が増えてきましたね(笑)

あと、狡噛のもとにいち早く駆けつけたドミネーター保管庫が健気すぎて可愛かったな♪


次回からは新章突入ということで、大期待ですね♪