2f2bd021.jpg

Robotics;Notes ロボティクス・ノーツ
#16「巨大ロボットが、大好きです」

あらすじ

とうとう稼動テストにこぎ着けたガンつく2。しかし、JAXAでは5年ぶりのロケット打ち上げが決定し、ロボ部はJAXA施設を利用できなくなってしまう。ガンつく2をハンガーへ移動させテストを続けるあき穂たち……。一方、海翔は最後の君島レポートを発見したが……。

感想

鬱回でした……。
カイのサイコパスが濁りまくりでした……。
ああ、伊禮さん……、オトナの魅力が……。


知らぬ間に完成まであと一歩の所まで来ていたガンつく2。
ガンつく1のような情けない結果には終わらず、ちゃんと動きました!(∩´∀`)∩ワーイ
レーザー光送電ってなんかアツい!
しかもポケコンを通して見るとそこにはガンヴァレルの姿が……\(◎o◎)/!

しかし、綯さんから悲しいお知らせ……。
ロケット打ち上げに伴う機密保持のため、高校生は出て行けということに。
綯さんの妙に明るい性格ってあき穂に似てるよね……。
みさ姉よりかずっとあき穂の姉っぽいなあ……。

つーか、みさ姉は本当になんなんだろう?何がしたいんだろう?
エグゾスケルトンの社長を全面的に信じているわけではないようだけど、仮に海翔を処分されても付き従うかもしれない示唆。
そもそもエグゾの社長が何したいのかわかんないしねえ……。

あと、毎日降ってくるっていうモノポールはなんなの(笑)
思わず吹いてしまいました。
山積みにしとくなよ……。最初の一個はケースに入れてたじゃん(笑)


しかし、まあ何よりも後半の鬱展開がすごかったですね。
夕暮れ時のハンガーのシーンが不穏な空気漂いまくりで、なにか起こりそうな予感がビンビンしていたんだけど……。
不穏な空気ってどうやって演出するんでしょうね?あの空気感は見事です。このアニメってたまにゾクゾクすることあるんですよね。
まあ、とにかく昴、大丈夫なのか!?

怪我だけで済んだとしても、さすがに今回の事故はロボ部に暗い影を落とすはず。
そして、昴は親父からホビーロボット禁止されていたはず。内緒でロボ部に参加していて、こんな事故に巻き込まれたんだから当然親父にもバレるわけで。
親父としてみたら、ホビーロボットをやめたと思った息子が巨大ロボットの下敷きになったんだから、発狂してもおかしくない事態ですよね。

昴は仲間たちの下へ戻って来れるのか?

d797349e.jpg


で、その昴の絶体絶命のピンチを忘れさすほどの衝撃の伊禮さん。
かごめかごめの着信音に何か秘密があるのか、その後のピーガー音に秘密があるのか、突如暴走を始めた伊禮さんの歩行補助機械。

勝手に動き出した瞬間、最悪のシナリオが頭に浮かんだので、海翔が助けに入るまでの十数秒がやたら長く感じました。
歩行補助の機械のはずなのに妙に多機能高性能なのが気になりますが、まあたまたま柵がなかった件とかは偶然の産物でしょうね。あの機械なら柵があろうとなかろうと目的を達成していたと思います。
あと、どの場所で暴走が始まったとしても種子島は島。やがては海にたどり着いて入水自殺の格好になるか、飛び降りの格好になるか……。ちょっと我ながら怖い想像をしてしまいました((((;゚Д゚))))

で、最後の伊禮さんのセリフがもうね……(TдT)
事故で歩けなくなって、みさ姉から贈られた機械によって日常を取り戻して、でもその機械の暴走によって自分が死に直面したとき、「自分は何かに生かされていたんだな」っていう心境にたどり着いた伊禮さん。
それが、暴走した機械を贈ったみさ姉に対する感謝の気持ちになるわけですよね……。

うわあ、これは……みさ姉……。
どんな理由でエグゾにいるのかわからないけど、くだらない理由だったら評価下がるなあ。

カイにとっては、試練の時……?
次回もシリアスな展開でしょうね。