ルパン三世 盗まれたルパン
~コピーキャットは真夏の蝶~
(2004年/日本)
【監督】
うえだひでひと
【キャスト】
栗田貫一
納谷悟朗
小林清志
井上真樹夫
増山江威子
浅川悠

*あらすじ
 
財宝を積んだトラックを懸命に追う銭形警部。しかし、そこへどこからともなくルパン三世が現れる。銭形がルパンだと思い追跡していたのは、左腕に蝶のタトゥーを入れた金髪の女泥棒だった。ベッキーが盗んだ財宝を横取りしたかに見えたルパンだったが、さらに別の何者かによってトラックごと連れ去られてしまい……。

*感想(2011年10月23日、TV録画にて鑑賞)

「ルパン三世」TVスペシャルシリーズの第16作。

「盗まれたルパン」というサブタイ通り序盤でルパンが盗まれちゃいますが、終わってみると、別になんてことのないいつもの展開でしたね。
よくある、「悪の組織に捕まったルパンが、不二子の安全と引き換えに伝説のお宝を盗まされる」という展開です。

で、ルパンファンならお気づきかもしれませんが、悪の組織と不二子は最初からグルだったという、そういう展開です。
で、悪の組織はお宝を手に入れるんですが、実はそれはよくできた偽物で、本物はまだルパンの手元にあるという、そういう展開です。
ルパンって実は不二子のことまったく信用してない(;´∀`)



大筋のストーリーはいつもの調子ですが、今回は「ルパン・コレクション」という非常に興味深い話が出てきましたね。
「ルパン・コレクション」とは、今までにルパンが盗んだ財宝の隠し場所のこと。
そういや、今までまるで考えもしなかったですが、ルパンは盗んだお宝をどこに隠しているんでしょう?

毎回、お宝ゲットしてめでたしめでたし……ではないけれど(むしろ、お宝ゲットできてないよね?毎回w)、ルパンの財力を考えれば、莫大な資産をどこかに隠し持ってるはずで、銭形もその存在には辿りつけてないわけですよ。
国家権力使って資産を凍結するなりすれば、ルパンも身動きとれなくなると思うんだけど、毎度毎度"身柄確保が最優先"で追いかけっこしてるのは、やっぱりルパンが資産を巧妙に隠しているから?それとも、アニメだから?(笑)
(絶対、後者ですよね……)

本作は、そんなファンの興味をそそるお話も出てきます。



興味をそそるといえば、ルパンが十数年前にコンビを組んでいた女怪盗キャットの話もちょこっと出てきます。
今回のヒロインは、その娘であるベッキーなんですが、彼女が過去を語り始めるシーンはけっこうハラハラしましたよ。
「どこまで、話すんだろう?まさか……この子は、ルパンの……(゚A゚;)ゴクリ」って(笑)

結局、その心配は杞憂に終わりましたが、でも、ルパンも男だし、不二子も知らない過去もあったわけだし、隠し子がいてもおかしくないんだよねぇ。
それもある意味で「ルパン・コレクション」?(・∀・)ニヤニヤ

おあとがよろしいようで。