3c851781.jpg

Robotics;Notes ロボティクス・ノーツ
#10「うちらだからこそ造れるロボを」

あらすじ

海翔が宇宙ヶ丘公園でゲームをしていると、空から謎の石が落ちてきた。昴の説明によるとそれは「モノポール」と呼ばれるこれまで理論上でしか存在しなかった物体で、もし本物であれば世紀の大発見だという。別の日、JAXAの綯に再び呼び出されたロボ部。ガンつく1の完成にこだわるあき穂と、あれは失敗作だという昴の間で意見が対立するが……。

感想

なんか唐突に空から降ってきたー♪(笑)
未知の物質モノポール。またの名を磁気単極子。

磁石にはN極・S極の二つの極が必ず存在し、N極またはS極の片方だけの磁石を作り出すことは出来ないが、モノポールはどちらか一方の極だけが存在する物質のこと。
現在までに発見はされておらず、仮説上の物質。
SF作品などでは、莫大なエネルギーを生み出す動力源として描かれる。(説明:昴)


滾ってきた、滾ってきたー!
正直、棚からぼた餅だけどね(笑)「空からモノポール」ということわざが生まれそう。

愛理が行ってるピーガー音を宇宙へ飛ばす謎の実験、空から降ってきたモノポール、重量の問題で失敗した巨大ロボット制作……。
これはつながったか!?物語がつながったのか!?
ガンつくにモノポールを搭載か!?つか、搭載するっきゃないっしょ!?
そして空からモノポールを降らしている存在はなんなのか!?

しかし、ロボット制作は拡張現実を利用した方向へ……。
見た目はかっこ悪くてもポケコン通して見た時にガンヴァレルに見える……という。
とりあえず、万博へ持っていくのはそっちの方に。

a3608890.jpg


だがしかし、ガンつく1解体の話は一言も出なかった!
(まあ、話が出てもあき穂が許すわけがないけど……)
ということは、ガンつく1をベースにモノポールを動力にした機体が制作される可能性はまだあるというわけですね。

これは早いとこモノポールを見せるべき人に見せるべきでは……。
まさか公園に放置か?(笑)
散歩中の犬がさわってバチッとかなるんじゃないか?
(そしたら「犬も歩けばモノポールにバチッ」っていうことわざが生まれるな)

それから海翔はチーター狩りよりも君島レポートの方を進めるべきでは……。
まあ何はともあれ、今回は久しぶりにワクワクする展開でした。