74d2cb69.jpg




「ワイルド・スピード MAX」(2009年、アメリカ)

原題:Fast & Furious  監督:ジャスティン・リン  脚本:クリス・モーガン  製作:ヴィン・ディーゼル、ニール・H・モーリッツ、他  製作総指揮:アマンダ・ルイス、他  出演者:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュースター、ジョン・オーティス、ラズ・アロンソ、ガル・ギャドット  音楽:ブライアン・テイラー  撮影:アミール・モクリ  編集:フレッド・ラスキン、他  配給:ユニバーサル映画、東宝東和  上映時間:107分  前作:ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT  次作:ワイルド・スピード MEGA MAX

【あらすじ】
南米に逃亡したすご腕ドライバー、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)は恋人や仲間とともにガソリン運搬車の強奪を繰り広げていた。一方、FBI捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)は、麻薬組織のボス“ブラガ”を追い続けていたが、お尋ね者のドミニクが8年ぶりにロサンゼルスに戻って来たという知らせを受ける。



【感想】
(2011年10月2日、地上波にて鑑賞)

今までこのシリーズをスルーしてきたのは失敗でした。
けっこう面白かったという誤算♪


凄腕の走り屋たちが危険なレースの世界で腕を競う「ワイルド・スピード」シリーズの第4作。
アウトローな走り屋ドミニクは警察に追われ南米に逃亡していましたが、ある復讐のためにアメリカに舞い戻ります。
そこで出会ったのは因縁あるブライアン。FBI捜査官となっていたブライアンは麻薬組織のボス“ブラガ”を追っていましたが、それはドミニクが探す人物でもありました。


主人公ドミニクをヴィン・ディーゼルが演じます。
この人の上腕二頭筋すごいですよ♪お歳暮のハムが貧弱に見えます(笑)
こんなゴツイ腕で逆に運転に支障はないんでしょうか?
いやぁ、マッチョって素晴らしい♪

走り屋なのでドライビングでももちろん魅せますが、車から降りても半端無く強い!
ブライアンをぶん殴るシーンがすごい!家、メチャクチャ!!(爆)
しかもブライアンを殴る理由が“妹を泣かせたから”というのが、また……♪
(補足:実は恋人の顛末にブライアンが関わっていたからドミニクはキレたんですが、完全にYuckeの記憶が怪しくなってました。妹思いのジャイアンが暴れていると思って見たほうが面白い気がするので、このままにしておきますw)


妹ミア役のジョーダナ・ブリュースターの他、組織に所属する謎の女ジゼル役のガル・ギャドットや、恋人レティ役のミシェル・ロドリゲス姐さんなど、主要女性キャストがみんな黒髪美人な映画でもあります♪
黒髪つっても大和撫子は一人もいませんが(汗;

まぁ、でも褐色の肌に黒髪ってセクシーですから目の保養にもなりました(*´∀`*)ポワワ
でも、ハイスピードなレースシーンは目が疲れるか……?(笑)

機会があったらシリーズの他の作品も見てみたいです♪






ランキング挑戦中!
押しやすいように大っきくしました(笑)
クリックいただけると喜びます♪