【今週のテーマ】雨の日に聴きたくなる曲

…フフフ。Yuckeはそのテーマ、すでに「梅雨に聴きたい1枚」として5月末と6月末に自発的にやってますぜ!
んで、そろそろ「夏に聴きたい1枚」をアップするかぁ、と思っていた矢先の今週のテーマ。
ヤホーブログさんよぉ、遅いぜ!?

まぁ、正直、今日は何を書こうか困ってたし、「1曲」なら「1枚」よりもかなりラクなので、これに便乗しない手はないですね。

というわけで!

梅雨に聴きたい1曲 <羅列>


カヒミ/けむり
ショコラ/one too many chocolat
daft punk/something about us
eastern youth/雨曝しなら濡れるがいいさ
Go!Go!7188/雨のち雨のち雨
Grapevine/スロウ
hal/weathers
くるり/How To Go ばらの花
Moby/Extreme Ways
OLIVIA/Cloudy World
Pet Shop Boys/Home and Dry
RURUTIA/雨の果て
aphex twin


共通点を見出そうとするな!
あるとすれば…、「すべてYuckeのPCに入ってる」そして「すべてYuckeのDAPに今入っていない」くらいだ!

ってダメじゃん!
DAPに落とさなきゃ雨の日に聴けないじゃん!



はい。というわけなんですけども。



一応、説明聞きます?

聞く?

では。

■カヒミ/けむり
カヒミ・カリィのアルバム「Tilt」に収録。くもり空から光が…って晴れちゃう!?

■ショコラ/one too many chocolat
ショコラのアルバム。聴きたい「1枚」とは言い切れない微妙な感じ。今の季節にはぴったり。

■daft punk/something about us
ダフト・パンクのアルバム「Discovery」より。企画盤「Daft Club」にもショートVer.入ってます

■eastern youth/雨曝しなら濡れるがいいさ
イースタン・ユースのアルバム「雲射抜ケ声」から。何故「雲射抜ケ」か?それは、雲の上に青空が広がっているからさ☆エモ系です。

■Go!Go!7188/雨のち雨のち雨
彼女らのアルバム「鬣(たてがみ)」より。アルバム名の記憶が怪しい…(汗;

■Grapevine/スロウ
グレイプヴァインのアルバム「Lifetime」より。同アルバム収録の「光について」も雨の日オススメ。

■hal/weathers
hal(正しくはaの上にが付きます)のミニアルバム「低温火傷」より。文句なしにオススメ。

■くるり/How To Go/ばらの花
くるりからは2つ紹介。「How To Go」はアルバム「アンテナ」収録だが、シングルの方はカップリングの曲が「夏」っぽいので今の時期ならそちらをオススメ。ちなみに雨の日は関係ない歌だが、イントロのノイズギターが夕立を思わせる。
「ばらの花」は切なさで雨降りそう。

■Moby/Extreme Ways
洋楽。「ボーン~」なんたらという映画で使われていたような…。アルバム「18」収録。

■OLIVIA/Cloudy World
オリビア。レイラを地で行くオリビアwこの曲はミニアルバム「The Cloudy Dreamer」に収録。

■Pet Shop Boys/Home and Dry
アルバム「Release」より。これまた雨と関係ないけど、電子音とかが湿気を帯びている感じ。

■RURUTIA/雨の果て
アルバム「R゜」より。

■Aphex Twin
エイフェックス・ツイン。奇人変人と称されるアーティスト。テクノファンが聴いても「変な曲」を作る名人。
しかし、こういう音楽は天気の良い日には聴けないし、雨の日とあとは深夜くらいか?w



以上、こんな感じだ!

意外にバラード系は少ない。
何故なら、Yuckeは雨の日も楽しんじゃう派だからだ!
雨の日こそ、切なさを力強く歌っている歌が映えるのである。

ただし、さっきも独りツッコミしたように、私のDAPには今現在、上記の曲はひとっつも入ってない…。
あと何回雨が降るか分からないけど、これからDAPに入れて、雨の日対策しようと思います。